水玉の徒然なるままに

水玉の好きなことについてあれこれ書くものです。

楽天経済圏に移行したら、色々お得になりました。

<

 

f:id:mizutama2018:20200913110641p:plain

こんにちは!

 

今回は楽天経済圏に移行しての生活の変化を書きたいと思います。

 

楽天経済圏とは私生活で楽天のサービスをたくさん利用して、ポイント稼ぎ、お得に生きようというものです。

 

楽天のサービスって色々お得って聞くけど、実際どうなの?」と思われている方は、ぜひご覧ください。

 

この記事を読むと、こんなことが分かります。

  • 楽天経済圏に移行しての生活の変化
  • おすすめの楽天サービス

 

 

 

楽天経済圏に移行したら、色々お得になりました。

まず僕が現在使用している楽天サービスを紹介します。

 

  1. 楽天カード
  2. 楽天銀行
  3. 楽天証券
  4. 楽天モバイル
  5. 楽天ひかり
  6. 楽天ブックス
  7. 楽天でんき

 

 合計7つ使用しています。

 

楽天経済圏に移行しての生活の変化

 ここからは、僕が楽天経済圏に移行しての生活の変化を紹介します。

 

無駄な支出が減った

楽天には、3か月に一回楽天スーパーセールがあります。

 

ここでは「お買い物マラソン」と言って、たくさんの店で買えばポイントの還元率が上がるサービスと併用することでお得にお買い物をすることができます。

 

先日行われた楽天スーパーセールでは、僕はおよそ7万円の買い物(そのうち3万円はふるさと納税)をしました。

 

これによって得られる僕のポイントは14805ポイントです。

 

f:id:mizutama2018:20200913111113p:plain

 

このように、数か月に一度まとめて買い物をすると、多くのポイントを得られるので、普段で無駄な買い物や支出を減らすことができました。

 

僕は3か月の間に、必要な物や欲しい物をリストアップしておいて、スーパーセールの時に検討して買っています。

 

衝動買いが無くなるので、おすすめの買い物方法です。

 

毎月の固定料金が減った

楽天モバイル楽天でんきを契約することで、普段の生活のスタイルを変えることなく、固定費の削減に成功しました。

 

特に楽天モバイルでは、スーパーセールの時に稼いだポイントで支払いをしているので、0円で利用しています。

 

楽天モバイルならスマホの料金が超お得!

www.fflkf.com

www.fflkf.com

 

楽天でんきも、基本料金が0円なので、毎月1000円ほど安く電気を使っています。

 

楽天のでんき お申込みで4,000ポイントがもらえるキャンペーン【楽天エナジー】

www.fflkf.com

 

このように、サービスの中には、月々の固定費を削減することが可能な物もあり、無理なく節約ができています。

 

おすすめの楽天サービス

楽天モバイル

まずは、とにかく月の携帯代が安くなる楽天モバイルはおすすめです。

 

僕はその前はドコモユーザーでしたが、楽天モバイルに変更して月の携帯代が8000円安くなりました。

 

また、普段の楽天ポイントの還元率が1%増えるので、スーパーセールなどを併用するとたくさんのポイントを稼ぐことができます。

 

今なら、楽天アンリミテッドという、一年間料金無料のサービスもあるので、検討してみてはいかがでしょうか?

 

楽天モバイルならスマホの料金が超お得!

楽天電気

楽天でんきは、生活の質を落とさずに、固定費を減らすことができます。

 

楽天電気は申込みをするだけで、工事や前の電力会社の解約も必要ないので、めちゃくちゃ簡単に、節約できます。

 

また、ポイント還元率も0.5%アップします。

 

楽天のでんき お申込みで4,000ポイントがもらえるキャンペーン【楽天エナジー】

楽天銀行楽天証券

 楽天銀行楽天証券をセットにしている理由は、二つの口座を開設してマネーブリッジという二つの口座のお金をリンクさせるサービスを使うことで、利息率が0.1%になります。

 

これは、他の銀行の普通預金の100倍の利率です。

 

また、楽天銀行は口座開設後楽天カードの引き落とし先設定で、楽天証券は月に一度500ポイントを使って、投資信託を購入することで、ポイント還元率がアップします。

 

www.fflkf.com

 

まとめ

全てを楽天経済圏に移行する必要はないですが、自分の必要な範囲で、興味のある範囲で楽天のサービスを利用すると、確実に生活が豊かに楽になると思います。

 

このブログでは他にも楽天についての記事を書いているので、合わせてご覧ください

 

それでは!

www.fflkf.com

www.fflkf.com

www.fflkf.com