キョロは今日も資産運用

節約・投資でFIREを目指します。

ふるさと納税で税金が控除されているか確認する方法

<

f:id:mizutama2018:20210617201241p:plain


こんにちは。

 

ふるさと納税

www.fflkf.com

www.fflkf.com

 

節約を心掛け、お金の知識を蓄えていく過程で必ず出てくる節税方法です。

 

2000円の手数料を払う代わりに、本来自分が住んでいる地域に支払う税金を他の市町村に納めることで、返礼品をもらうことができ、翌年の住民税や所得税から納税を行った分のお金が控除されます。

 

正直やらない理由がないお得な制度ですが、実際に行った場合、確認したいことがあります。

 

「自分の行ったふるさと納税のお金がきちんと税金から控除されているか?」

 

せっかくふるさと納税を行っても、税金が控除されていなかったら余分に税金を払っていることになるので、これは絶対に確認した方がいいです。

 

しかし、「どうやって確認したらいいか分からない」という方もおられると思います。

 

そこで今回はふるさと納税で税金が控除されているか確認する方法を紹介します。

 

ぜひご覧ください

 

 

ふるさと納税で税金が控除されているか確認する方法

税金が控除されているかは、確定申告を行った場合と、ワンストップ特例制度の場合で確認の仕方が異なります。

 

以下に分けて解説したいと思います。

 

確定申告した場合

確定申告を行った場合は少し複雑な計算が必要になります。

 

下記のサイトが分かりやすかったので、参照してみてください!

furunavi.jp

 

ワンストップ特例を使った場合

ワンストップ特例制度は確定申告を行わなくても、住民税の控除が受けられる便利なサービスです。ワンストップ特例制度を使用した場合所得税の還付はなく、納税額(2000円を除く)の全てが住民税から控除されます。

確認の方法はいたって簡単です。まず6月に各市町村から届く住民税決定通知書をチェックします。

税額(摘要欄)の市民税と県民税の金額を確認してください。

2つの税の合計がふるさと納税の寄附金額(自己負担分2000円を除く)と一致していれば、税額控除できていることになります。

まとめ

今回は、ふるさと納税で税金が控除されているか確認する方法を紹介しました。

 

僕は昨年のふるさと納税により、ビールを4ケースをゲットしポイントもたくさんもらい、昇級したにもかかわらず、住民税を安くすることに成功しました。

 

現代の錬金術と言ってもいいくらいの最強の節税法なので、昨年ふるさと納税を行わなかった人はぜひ今年はやることをおすすめします!!

 

それでは!!