水玉の徒然なるままに

水玉の好きなことについてあれこれ書くものです。

まだ現金使ってるの?電子マネー使おう!!

<

f:id:mizutama2018:20200421151304p:plain


皆さんは普段どうやってお買い物をしていますか?

 

まさか、現金で買いものをしてはいませんよね?

 

もし、現金で買いものをしているのだとすれば、それは今すぐ考えを改めた方がいいです。

 

これからの時代、買い物は電子マネーで払う事がとても大切です。

 

今回は電子マネーで買いものをするメリットを紹介します。

 

 

電子マネーのメリット

使ったことが記録に残る

f:id:mizutama2018:20200222143643j:plain

電子マネーを使うと、何にいくら使ったのか、自動で記録に残ります。

 

これは、自分の支出を把握するうえでとても大切なことです。

 

自分の支出の傾向を理解し、節約するべき部分を見つめることで、無駄な支出を防ぐことができます。

 

一方現金では、自分で家計簿をつけない限り、何に使ったのか把握することができないので、自分の支出を把握することができません。

 

僕のようにそういうことが面倒くさいと感じるひとこそ、電子マネーを使うべきです。

 

ポイントが貯まる。

電子マネーのメリット2つ目にポイントがたまります。

 

電子マネーの多くは、利用の際にポイントがつくものが多いです。

 

だいたい、還元率は1%くらいのものが多いので、現金を使っているひとは、このポイントの還元を受けることができません。

 

また、各お店にもポイントカードがある場合、ポイントのダブル取りを可能にすることができます。

 

また、電子マネーのポイントも工夫次第で5%を超える還元率が可能なるので、とてもお得になります。

 

例えば、楽天ポイントはすごい時で20%のポイント還元も十分にあり得るすごいポイントです。

 

持ち運びが楽

f:id:mizutama2018:20200222143603j:plain

現金はお札と効果に分かれています。

 

注意していても、ついつい小銭で財布がふくらみ、財布が重く大きくなってしまいます。

 

その点、電子マネーは携帯にその機能が入っていたり、カード型だったりで持ち運びがとても楽です。

 

おつりを受け取ることもないので、財布が膨らむこともありません。

 

 

政府の還元を受けられる

キャッシュレス ロゴ

現在政府は電子マネーの普及を目指して、電子マネーの還元を行っています。

 

このマークを町で見かけた人も多いと思います。

 

電子マネーを使うだけで、あとで5%も還元されるのですから、これは使わないわけにはいきません。

 

たかが5%と思うかもしれませんが、つもりつもると大きなお金になります。

 

しかし、この事業も6月で終わってしまいます。

 

もうすぐ終わってしまいますので、何か買いたいものがある人は急いでください。

 

特に家電などの高いものがある人は急ぎましょう。

 

電子マネー使用の注意

便利な電子マネーですが、もちろん注意しないといけないことがあります。

リボ払いは地獄への切符

まず、リボ払いだけは絶対にしてはいけません。

 

リボ払いは毎月のクレジットカードの請求を定額にするサービスです。

 

例えば、月々の支払を3万円にしていた場合、10万円のものを買っても、請求は3万円、その次の月も3万円です。

 

一見して、支出が一定になり家計の計画が立てやすいいいサービスのようですが、うまい話には裏があります。

 

さっきの例でいうと、10万円の買い物に対して、請求は3万円ずつですが、残った7万円にはバカ高い利子が付きます。

 

その利率は平均15%

 

やばくないですか?

 

つまり、さっきの7万円に対して、15%の利率がかかるわけです。

 

結局合計で払う金額は10万円より高くなってしまいます。

 

しかも、10万円を返済する間に新しい買い物をすると、さらに利率が膨らみ、借金地獄に陥ってしまいます。

 

クレジットカードの使用では絶対にリボ払いはやめておきましょう

 

浪費には注意

電子マネーでお金を払っていると、いつのまにかお金を使う感覚がマヒしてしまう時があります。

 

あくまでも、お金を使っているという感覚は忘れないようにしましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか、電子マネーはメチャクチャ便利なので、使わないと間違いなく損をすることになります。

 

しかし、その反面落とし穴もあるので、使う時はしっかりと自分で考え、見極めることが大切です。

 

自分が一生懸命働いて得たお金なので、大切に計画的に使うようにしましょう

 

それでは!!