水玉の徒然なるままに

水玉の好きなことについてあれこれ書くものです。

インデックスファンドとは何か?

<

 

f:id:mizutama2018:20200428101806p:plain

皆さんは投資をしていますか?

 

投資をしていない方の理由として多いのが、「お金が減るかもしれない」ということだと思います。

 

また投資をしている人にとっては「いかにして毎年安定して利益を出すのか?」ということが悩みの種ではないかと思います。

 

今回はこの二つのことを一気に解決する最強の投資を紹介したいと思います。

 

 

その名はインデックスファンド

f:id:mizutama2018:20200428101032p:plain

すぐにその答えを言いますが、その投資の名はインデックスファンドです。

 

インデックスファンドと聞いて「なーんだそれか」と思った方はここから先読む必要がないので、他の記事でも読んでください!

 

逆に何それ?となった人は一見の価値はあるかと思うので、ぜひご覧ください。

 

 

インデックスファンドとは

f:id:mizutama2018:20200425104743j:plain

インデックスファンドとは、日本なら日本、アメリカならアメリカ、先進国なら先進国というようにあるカテゴリ、ジャンルのなかのあらゆる企業へみんなでお金を出し合って一気に投資をするものです。

 

どういうことかというと、例えば日本ならトヨタソフトバンク楽天KDDI任天堂など、日本の有名企業の株を何人かでお金を出し合い、購入し運用するというものです。

 

これが、アメリカなら、MicrosoftappleGoogleFacebookなどの企業になります。

 

つまり、複数の企業の株を少しずつ買って運用するというものだと思ってもらえば大丈夫です。

f:id:mizutama2018:20200428105226p:plain


 

 

インデックスファンドのメリット

さて、ここからはインデックスファンドのメリットについて紹介したいと思います。

 

株価が高い企業に投資できる。

f:id:mizutama2018:20200425104637j:plain

株の素人にとって、どこかわからない企業に投資をするのは不安かと思います。

 

しかし、みんなが知っている企業のあるあるとして、株価が高いということがあります。

 

例えば、皆さん現在トヨタの株を買うのにいくら必要か知っていますか?

 

2020年4月現在でおおよそ1株6500円です。

 

1株ではそんなに高くないですが、株には単元株といって、売り買いの時の最低株数が決められており、トヨタの場合は100株~となっています。

 

つまり、トヨタの株を買うなら最低でも65万円ほどのお金をもっていなければいけません。

 

このように大企業の株を購入するには、数十万円~数百万円ものおかねを持っていないといけません。

 

庶民にはなかなか難しい金額です。

 

しかし、インデックスファンドであればみんなでお金を出し合うので、トヨタでも、ソニーでも、任天堂でも投資が可能になります。

 

大企業に投資ができるというのが、インデックスファンドのメリットの一つです。

 

運用実績がある

インデックスファンドは運用の実績が半端ないです。

 

アメリカのインデックスファンドでは、過去最も運用実績が悪かった15年間を見ても、5%前後の運用実績がありました。

 

これはすごいことです。

 

素人が運用すると大損するのが目に見えている景気でも、インデックスファンドでは多くの企業に少しずつ投資できるので、安定した運用が可能です。

 

 

ほったらかしでOK

インデックスファンドでは一度購入するとその運用は過去の株のデータに沿って売買を勝手に行ってくれます。

 

なので、皆さんの手続きは買う時と、売るときの2回です。

 

買ったあとはほったらかしでOKなので、とても楽ちんです。

 

 

税制優遇がある

f:id:mizutama2018:20200428101102p:plain

インデックスファンドでは税制優遇を受けることができます。

 

それがNISAと積み立てNISAです。

 

簡単に言えば、投資での利益に税金がかからないというものですが、詳しく知りたい方は、前の記事に書いてあるので、ご覧ください。

www.fflkf.com

 

 

インデックスファンドのデメリット

手数料に注意

f:id:mizutama2018:20200428101136p:plain

インデックスファンドでのデメリットはファンドを選ぶときの手数料に注意してください。

これは銘柄を選ぶ時に簡単に確認できるので、できるだけ手数料の低いものを選んでください。

 

手数料の高い方が高い利益を出せそうな気がしますが、そんなことはありません。

 

とにかく安い手数料の物を選んでください。

 

 

長期の投資が前提

インデックスファンドへの投資はあくまでも長期の投資が前提です。

 

1か月や1年で売ったりすることは得策ではありません。

 

一度買ったら何十年もコツコツと積み立てることでインデックスファンドの良さが生きるので、すぐに結果を出したい人は、それなりのリスクを背負って投資をしないといけません。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

管理も簡単、運用実績もあり、税制優遇まであるインデックスファンドへの投資は、余裕資金で行うならとてもおすすめの投資法です

 

これから始める人であれば、とりあえず

【SBIネオモバイル証券】

 

松井証券ではじめる株式取引

 

 それから、楽天証券もおすすめです。

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

それでは!