キョロは今日も資産運用

節約・投資でFIREを目指します。

NIKE(NKE)の今後の株価は?最強のスポーツブランドを解説【銘柄分析】

<

皆さんはNIKEの製品を持っているでしょうか?

 

おそらく、持っていない人はいないと思います。

 

靴、カバン、トレーニングウェアなどのスポーツ用品では圧倒的なブランド力を持っていますし、アパレル業界でもNIKEはスニーカーなどが超人気ですよね。

 

僕もスニーカー、キャップなどを持っています。特にNIKEのスニーカーはシンプルで使いやすい物が多いので、愛用しています。

www.fflkf.com

 

そんな、NIKEの株価は今後どうなっていくのか、直近の決算やチャート、などから解説していこうと思います。

 

 

 

NIKE(NKE)の基本情報

まず始めに、NIKEの基本情報を紹介していきます。

企業概要

NIKEの企業概要は以下の通りです。

ナイキは米国の大手スポーツ用品メーカー。ランニング、バスケットボール、サッカーなど各種スポーツ向けフットウエア、スポーツウエア、スポーツ関連製品を展開。また、「コール・ハーン」、「チャック・テイラー」、「コンバース」、「ハーレー」、「アンブロ」のブランド名でフットウエア、カジュアルウエア、スポーツウエアを展開。

(引用元)https://stocks.finance.yahoo.co.jp/us/detail/NKE

 

NIKEがスポーツブランドの企業ということは知っていた人も多いと思いますが、子会社にコンバースがあるということは知らなかった人も多いと思います。

 

直近のチャート

NIKEの直近のチャートは以下の通りです。

 

長期では右肩上がりですが、現在は2021年の11月にピークを迎えた後で、現在は調整局面が続いています。

 

ちなみに年初来では、ー30%の下落でまさに落ちるナイフ状態です。

財務情報・業績

NIKEの財務情報は以下の通りです。

項目 数値
株価純資産倍率(PBR) 13倍
株価収益率(PER) 30倍
1株あたり収益(EPS) 3.64
配当利回り 1.10%
年初来 -32%

 

年初来で30%以上の下落をしていますが、PERやPBRを見る限りでは、割安とは言えない状況が続いています。

 

続いて、直近の業績がこちらです。

決算期 売上高 営業益 経常益 最終益 修正1株益 1株配
2020.05 6,313 -804 -790 -0.49 0.25

2020.08

10,594 1,715 1,518 0.95 0.25
2020.11 11,243 1,456 1,251 0.78 0.28
2021.02 10,357 1,636 1,449 0.89 0.28
2021.05 12,344 1,854 1,509 0.94 0.28
2021.08 12,248 2,106 1,874 1.16 0.28
2021.11 11,357 1,501 1,337 0.82 0.31
2022.02 10,871 1,670 1,396 0.87 0.31

コロナウイルスが世界に流行し出した当初は、赤字でしたが、その後は着実に利益をだしております。

 

また直近の決算についても、好決算を出しているという点から、年初来で30%の下落はNIKEの業績ではなく、インフレや米国の利上げが関係していると僕は思います。

 

NIKEの強み

そんなNIKEの強みは圧倒的なブランド力だと思います。

 

スニーカーでは、あらゆるブランドとコラボし、人気なブランドとのコラボだとマニアの間ではプレミアム価格で取引されます。

 

ジョーダンやダンク、エアフォース1など、人気なスニーカーが確率している点はその他のメーカーへの参入障壁になっていると思います。

 

また、この強みを生かして、ブロックチェーンを利用した仮想現実や、ゲームの世界でもアバターの洋服などで進出していけると思います。

 

NIKEの今後の株価

NIKEは現在インフレや利上げの影響により、年初来30%下落をしています。

 

今後の株価見通しとして、利上げが続く2022年は厳しい年になると思います。

 

しかし、コロナが収束し、インフレが落ち着けば、人々の購買力の高まりによって、株価は上昇していくと考えています。

 

また、最新の技術にもそのブランド力を生かし、参入していけるので新たなターゲットにも営業をかけていくだけの商品ができると思っています。

 

まとめ

今回はNIKEについて、今後の展開を解説してきました。

 

このような企業は知名度が非常に高いので、逆に見落とされがちですが、長い間親しまれてきたブランドの力はこれからも強い武器になると思います。

www.fflkf.com

 

皆さんも自分の周りから、投資できる企業が無いか探してみてはどうでしょうか。

 

みなさんの投資がうまくいくことを祈っています!!それでは!