水玉の徒然なるままに

水玉の好きなことについてあれこれ書くものです。

【ETF】VIGの魅力を解説!連続増配企業の詰め合わせ!

<

f:id:mizutama2018:20201004094850p:plain


こんにちは!

 

今回はアメリカのETFのVIGについて解説していきたいと思います。

 

VIGって何?

どんな銘柄で構成されているのか?

 

こんな疑問を持っている方はぜひご覧ください。

 

 

 

 【ETF】VIGの魅力を解説!連続増配企業の詰め合わせ!

 まず、VIGとは何かを一言でいうと、VIGはアメリカの連続増配企業で構成されているETFです。

 

その連続増配の期間はなんと10年間!!

 

日本では花王が連続増配企業として有名ですが、それとは比べ物にならないほどの増配期間です。

 

中には50年連続増配なんてすさまじい企業も入っています。

 

そんなVIGの基本情報はこちら

f:id:mizutama2018:20201004091558p:plain

 

さらに組み入れ上位10種はこちらです。

f:id:mizutama2018:20201004091917p:plain

 

Microsoftや、P&G、VISAなど、日本でも有名な企業が数多く含まれています。

 


VIGの魅力

VIGの魅力はこんな感じだと思います。

  1. 経費率が安い
  2. 安定した値動き
  3. 将来性
  4. トータルリターンが高い

 

経費率が安い

まず、VIGの経費率は年間0.06%です。

 

優良ファンドの特徴である、低い経費率に見事に当てはまります。

 

銀行や証券会社の窓口では平気で1%以上もある金融商品を売りつけてきますが、

投資において経費率はできるだけおさえることは鉄則です。

 

安定した値動き

VIGは値動きが安定しています。

 

f:id:mizutama2018:20201004093019p:plain

 

ご覧の通り、設定日から安定した値動きで右肩上がりを続けています。

 

今回のコロナショックからも見事に復活しています。

 

そもそも連続増配=業績が良い証拠になります。

 

このような企業をあつめれば、値動きが安定するのも分かりますね。

 

将来性

連続増配企業の配当利回りは1.73%ほど。

 

なんだ、SPYDの方が、配当率高いじゃんと思うと思います。

 

しかし、高配当銘柄にはこの先の将来性はあまりありません。

 

これは、企業の株が高くならず、配当を維持していくことで、相対的に利回りが高くなるからです。

 

つまり、成熟した企業が多く、この先の将来性には乏しいのです。

 

しかし、連続増配企業は違います。

 

この先も増配していくだけの将来性があります。

 

こういった点では、SPYDの構成銘柄とは違いがあります。

 

トータルリターンが高い

VIGには連続増配の将来性、分配利回りを合わせると、トータルリターンが高いことが魅力です。

 

ここ10年でのトータルリターンは8%越えです。

 

2010年に100万円投資していたとすると、2019年には300万円。

 

3倍にもなっています。

 

ここ数年のアメリカ株は絶好調だったので、2020年からどうなるかは誰にも分かりませんが、それでもこの実績は評価できると思います。

 

まとめ

今回VIGの魅力について解説しました。

 

VIGは高いトータルリターンと将来性が素晴らしいETFです。

 

どこのなにかも分からない会社や金融商品を買うならVIGを愚直に買い続けたほうが、高いリターンを受けることができると思います。

 

ぜひ投資先の候補に考えてみてください。

 

それでは!