水玉の徒然なるままに

水玉の好きなことについてあれこれ書くものです。

若いうちから投資を始めるメリット

<

f:id:mizutama2018:20200920103841p:plain


こんにちは!

 

今回は若いうちから投資を始めるメリットについて解説していきます。

 

20代や30代だと年収もそれほど高くないので、元本が少ないから投資をする意味がないという意見がありますが、僕は若いうちに投資をするメリットはたくさんあると思っています。

 

その理

ポイント

あるていど高いリスクでも致命傷になりにくい

資産が減ることの耐性ができる

運用期間を長くとれる

 

今回はこれらについて解説していきます。

 

 

 

若いうちから投資を始めるメリット

改めて、若いうちから投資を始めるメリットは三つあります。

 

それがこちらでした。

 

ポイント

あるていど高いリスクでも致命傷になりにくい

資産が減ることの耐性ができる

運用期間を長くとれる

 

あるていど高いリスクでも致命傷になりにくい

f:id:mizutama2018:20200721193816j:plain

一つ目の理由は、若いからこそある程度高いリスクの投資に挑戦しても致命傷になりにくいです。

 

高いリスクの投資は、例えば信用取引やFXなどで行われるレバレッジをかけた投資です。

 

簡単に言うと、自分の持つ元本以上のお金を取引できるかわりに借金を背負う可能性のある投資です。

 

もし、50代、60代の方がこのような投資を行って失敗すると、老後の資金を失うばかりか、それを取り返す時間もありません。

 

しかし、20代であれば残りの人生で失ったお金を労働で取り返すことができます。

 

資産が減ることの耐性ができる

f:id:mizutama2018:20200907093233p:plain

何にでも練習が必要なように、投資にも練習、慣れが必要です。

 

若いうちから投資を始めると、暴落といった自分の資産が大きく減ることについて何度か体験することになるので、資産が大きく減っても冷静な判断をすることができます。

 

よくある投資の失敗のパターンとして、、退職金を元手に投資を始めて失敗するパターン。

 

これは、今まで投資をしたことのない人は、暴落が起きた時に冷静な判断をする練習ができていないので、起こりうることです。

 

特にアメリカ株や全世界株式など将来持続的な成長が見込め、長期で持ち続けることで利益を増やせる投資においては、もち続けることはとても大切です。

 

暴落時でも冷静に判断して、買い増しやポートフォリオを見直す力は若い時からの投資で身につけておきましょう。

 

運用期間を長くとれる

f:id:mizutama2018:20200920103117p:plain

若い時から投資を始めると、投資の運用期間を40年以上の長い期間でも行うことができます。

 

投資は長い期間で行うとその効果はどんどん大きくなります。

 

例えば、100万円を10年間5%で運用すると、162万円です。

 

しかし、同じお金を40年間運用すると、700万円になります。

 

少額のお金でも何十年も運用することで、高いリターンを得ることができます。

 

こうした恩恵を受けられるのは、若い時から投資を始めた人だけです。

 

自分に合う投資を試せる

投資と言ってもたくさんの方法があります。

 

高配当株投資、インデックス投資、個別株投資、信用取引デイトレードなどなど

 

その他、不動産、FX、、ビットコインなど世の中の投資手法は無限にあります。

 

そんな多くの投資法の中で、自分にあった投資がいったい何か、最初から分かるわけありません。

 

若いと少額で多くの投資手法を試し、自分にあった投資を選ぶことができます。

 

僕も、メインはインデックス投資を行っていますが、少額でビットコインや個別株投資を行っています。

 

年齢が高いと自分に合う投資を見つける間もありません。

 

専門家の言いなりになり、高い手数料を取られるカモになってしまいます。

 

まとめ

若いころからの投資では時間が最大の武器になります。

 

有限な時間を最大限生かして自分の生活を豊かにしていきましょう!!

 

www.fflkf.com

 

www.fflkf.com