水玉の徒然なるままに

水玉の好きなことについてあれこれ書くものです。

【書評】お金は寝かせて増やしなさい~インデックス投資家に学ぼう~

<

f:id:mizutama2018:20200802093103p:plain


こんにちは。

 

今回は「お金は寝かせて増やしなさい」を読んだので、その感想を書きたいと思います。

 

この記事を読むと↓のことが分かります。

この本の大まかな内容

この本に学ぶこと

 

少額から始められることで最近人気のインデックス投資ですが、その道のりには、知っておくことがあります。

 

今回はこの本を通して皆さんにお伝えできればと思います。

 

 

 

 

【 書評】お金は寝かせて増やしなさい

 まずはこの本を読んでの僕の感想を紹介したいと思います。

 

僕は現在、インデックス投資を行っています。

www.fflkf.com

 

 まだ始めて間もないということで、色々と気になることがありました。

 

しかし、この本には実際にインデックス投資を15年以上も経験してきた方が、僕のような始めたての時に思う「暴落したらどうするの?」といった疑問にしっかりと答えてくれています。

 

また、「そもそもインデックス投資って何?」という人や、インデックス投資でどのファンドを買えばいいの?」という人まで多くの方の疑問に答えてくれていると思います。

 

投資の初心者の人はとりあえず、これを読んでおけば、「インデックス投資?はいはいあれね」と頭の中に???を飛ばすことは無くなると思います。

 

本の大まかな内容

まずはこの本の目次を紹介したいと思います。

プロローグ私がたどりついた「寝かせてお金を増やす方法」

第1章金融のど素人でもプロと互角以上に戦える「インデックス投資

第2章寝かせて増やすインデックス投資の実践法

第3章おすすめの金融機関&口座開設の手順と気になるNISAとiDeCo

第4章始めるのはカンタンだけど続けるのは意外と難しい

第5章涙と苦労の15年実践記

第6章貴重情報!インデックス投資の終わらせ方

エピローグ

目次を見ると分かりますが、インデックス投資とは何か?から口座開設、始め方、そして終わらせ方まで全てが網羅されています。

 

インデックス投資を知りたいならとりあえず、この本を読んでおけばいいというレベルです。

 

僕はすでにインデックス投資を始めているので、第3章までは読み流しましたが、第4章からは、続ける中での疑問や不安なこと、また実際に著者のこれまでの投資の実践記がどうだったか?まで事細かに書いてあり、とても勉強になりました。

 

この本に学ぶこと

この本で学べることは大きく2つです。

 

それは、続けることの難しさと、投資の終わらせ方です

 

実は、インデックス投資でこの二つを知らない人が、僕も含めて多いと思います。

 

続けることの難しさ

f:id:mizutama2018:20200802093140p:plain

さて、僕の思うこの本から学ぶことは、第4章からだと思います。

 

インデックス投資は投資の初心者でも、始めやすい投資方法です。

 

しかし、第4章に書いてある通り、続けることは意外と難しいです。

 

なぜなら、インデックス投資世界が好景気でも不景気でも、愚直に積み立て続けることが求められるからです。

 

あなたが積み立ててきた、お金がある日半分になってもそれでも毎月コツコツと積み立てていかなければなりません。

 

実際に著者の水瀬さんもリーマンショックの際には今まで積み立てた資産が半分になっています。

 

どんな時も積み立てることはとても難しいです。

 

それをこの本から学ぶことなのではないかと思います。

 

 貴重な終わらせ方

f:id:mizutama2018:20200509102900p:plain

 この本の良いところはしっかりと終わらせ方が書いてあるところです。

 

インデックス投資の終わらせ方を書いてある本はなかなかありません。

 

なぜか?

 

日本ではまだインデックス投資を何年も積み立てた人が少ないからです。

 

日本でインデックス投資が人気になってまだ年数が経過していないので、インデックス投資を始める人はたくさんいますが、ゴールを迎えた人はほとんどいません。

 

だから、インデックス投資の終わらせ方が書かれているこの本はとても価値のあるものです。

 

まとめ

 いかがでしたでしょうか?

 

始めるのは簡単なインデックス投資ですが、その道のりは決して平たんなものではありません。

 

山あり谷ありです。

 

しかし、どんな時も愚直に積み立てることこそが大事なのだという事がこの本で学ぶことができました。

 

皆さんもぜひ手に取ってみてください。

 

それでは!!