水玉の徒然なるままに

水玉の好きなことについてあれこれ書くものです。

MENU

【10周年アルバム第1弾】MAN WITH A MISSION MAN WITH A''B-SIDES&COVERS’’ MISSION感想・レビュー

<

 

f:id:mizutama2018:20200524091221p:plain

 今年MAN WITH A MISSION は10周年を迎えました。

 

そして、あらゆる企画が始動し、とても待ち遠しいです。

 

今回はその中からアルバム3部作の1つ「MAN WITH A''B-SIDES&COVERS’’ MISSION」の感想を書きたいと思います。

 

買おうか悩んでいる人は是非ご覧ください。。

 

 

セットリスト

最初にセットリストを紹介します。

STELLA

STELLA

  • provided courtesy of iTunes

 

Green-Tinted Sixties Mind

Green-Tinted Sixties Mind

  • provided courtesy of iTunes

 

アカツキ

アカツキ

  • provided courtesy of iTunes

 

super stomper feat. MAN WITH A MISSION

super stomper feat. MAN WITH A MISSION

  • provided courtesy of iTunes

 

ワビ・サビ・ワサビ

ワビ・サビ・ワサビ

  • provided courtesy of iTunes

 

あの鐘を鳴らすのはあなた

あの鐘を鳴らすのはあなた

  • provided courtesy of iTunes

 

The Cure

The Cure

  • provided courtesy of iTunes

 

Mr. Bad Mouth

Mr. Bad Mouth

  • provided courtesy of iTunes

 

Chasing Sunrise

Chasing Sunrise

  • provided courtesy of iTunes

 

Reiwa feat. milet

Reiwa feat. milet

  • provided courtesy of iTunes

 

Brave It Out

Brave It Out

  • provided courtesy of iTunes

 

The Anthem

The Anthem

  • provided courtesy of iTunes

 

スターライト・シンドローム

スターライト・シンドローム

  • provided courtesy of iTunes

 

Falling

Falling

  • provided courtesy of iTunes

 

感想

古参は懐かしい

まず、昔から彼らの音楽を聞いている人にとってはあの曲をもう一度聞けるということで、とても価値のあるアルバムかと思います。

 

懐かしい曲がたくさん入っていますし、また別のバンドのカバーもあり、飽きさせない内容となっています。

 

僕個人としては、10-FEETの「super stomper」が入っているだけで買う価値があると思います。

 

そのくらい激熱です。

新規は新鮮だけど・・

最近狼たちの曲を聞き始めた人にとってはとても新鮮なアルバムです。

 

中には、とても気に入る曲もきっとあるでしょう。

 

しかし、これらは残念ながら、ライブやフェスでの演奏率は高くないので、これを聞いてライブに行っても、この中の曲たちは演奏されないと思っていたほうがいいです。

 

カップリングにも名曲は多い

そうはいっても、カップリングの曲の中にもたくさんの名曲があります。

 

ライブやフェスでの演奏率は低いかもしれませんが、それだけで曲を切り捨てるのは僕は違うと思うので、ぜひ手に取って聞いてみてください。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

今回の第1弾アルバム僕個人的にはとても満足のいくアルバムでした。

 

昔から彼らの音楽を知っているので、高校時代や大学時代を思い出しました。

 

皆さんの感想も良かったら聞かせてください。