水玉の徒然なるままに

水玉の好きなことについてあれこれ書くものです。

MENU

とりあえずこれ読もう!!「会計の神様が教えてくれたお金のルール」読書レビュー

<

f:id:mizutama2018:20200516100809p:plain


お金の勉強をしていく中で、本を読むことはとても大切ですが、何を読んでい良いのか分からないということはありませんか?

 

専門用語がたくさんある本はなかなか読みづらいですよね?

 

そこで今回は、最初に読む本としては結構おすすめの本を発見したので、紹介したいと思います。

 

題名は「会計の神様が教えてくれたお金のルール」です。

 

 

今回はこれを読んで、僕が感じたことを紹介したいと思います。

 

 

 

読みやすい

お話仕立て

今回のこの本は、主人公のサラリーマンが、会計の父と言われる「パチョーリ」の教えに従って、自分の生活を見つめなおしていくというお話の物語の形式で書かれています。

 

そのため、主人公の抱える問題について、とても分かりやすくお金の知識を得ることができました。

 

キャラが面白い

このお話に登場する、人物はとてもユニークです。

 

主人公に色々と教える「パチョーリ」な西洋の偉人ですが、口調はなぜか関西弁です。

 

パチョーリのキャラはとてもコミカルで話している内容も、堅苦しくならないので、自然に知識を得ることができました。

 

お金に対する基本的なことがわかる

この本はお金の管理の仕方について、基本的な内容が網羅してあります。

 

例えば、クレジットカードの金利について、保険について、貯金、投資についてなどです。

 

それぞれについて、専門的になりすぎず、お金のことについて何も分からなくても、ある程度の知識を得ることができます。

 

しかし、書かれている内容はあくまで基本的なことです。

 

したがって、貯金や投資、保険など、それぞれについてもっと専門的に知りたい人や、ある程度の知識をすでにもっている人にとっては、物足りなく思うかもしれません。

 

この本を読むべき人

この本をおすすめしたい人は次の通りです。

POINT

これからお金の知識を身につけたい人

お金の管理について何から始めればいいか分からない人

とりあえずざっくりとした知識を身につけたい人

 

お金の管理について、「わからないことがわからない」というような人にとって、この本はとても魅力的な本です。

 

この本を読み、さらに疑問をもったり、得たい知識があったりした時には、別の本を読むと良いと思います。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

お金の知識は幅広いのでまずは何から学べばいいのか、迷ってしまいがちですが、とりあえず行動することが大切かなと思います。

 

自分のこれからの人生にかかわる知識なので、今のうちにぜひ獲得しておきましょう。