水玉の徒然なるままに

水玉の好きなことについてあれこれ書くものです。

MENU

一言子どもに言うだけ!痛くない・転ばない自転車の練習法

<

f:id:mizutama2018:20190311214357j:plain

小さい頃の一つの試練に、

自転車に乗る

というのがあります。

 

小学校に上がるか、上がらないかくらいで待ち受けるあの試練です。

 

よく、練習方法で見るのが、後ろを大人が抑え、子どもは自転車を漕ぐ。

スピードがのってきたら大人は手を離し、子どもはとにかく漕ぎまくる。

これの繰り返し、、、

 

 

実際この方法で自転車に乗れたという人も多いのではないでしょうか?

しかし、僕は思います。

 

最初痛い思いめっちゃするじゃん、、、、

 

 

こいでは転び、こいでは転ぶ

 

こんなことを繰り返していては、子どもは自転車の練習が嫌になりますよね。

僕自身がそうでした。

 

親はなんとかして僕を乗らせないとと思い、あの手この手で練習に誘いますが、僕は痛い思いをしているため、何度も拒否!

 

そんなやりとりを見ていた祖父は僕に言いました。

 

「水玉、痛くないから、おじいちゃんと練習しよう」

 

 

僕は半信半疑でしたが、その痛くないという言葉を信じ、祖父について行くことにしました。

 

結果的に僕は全く痛い思いをすることなく、自転車に乗れるようになります。

 

それも、特別に用意するものもなく、教える側(祖父)は僕に一言言うだけで、あとは見てるだけ。

 

今回はこれから自転車に乗る子ども達が、幼い頃の僕のように、痛い思いをして自転車の練習をしなくてもいいように、記事にしてました。

 

 

これから自転車の練習をさせようしているお父さんお母さん必見です。

 乗れたエピソード

f:id:mizutama2018:20190311213737p:plain

さて、半信半疑で祖父に連れて来られたのはいつも僕が練習している(させられている)場所でした。

 

当時の僕はやっぱり痛い思いをするんだと思いました。

 

僕は内心「おじいちゃん騙したな!」と思っていました。

 

そんな、僕の気持ちなどつゆ知らず、祖父は僕に一言こう言いました。

 

「水玉、あの(緩やかな)坂から自転車で漕がずに途中いくら足をついてもいいから降りてこい。怖くなったらブレーキかけてもいい」

 

 

は?、、

ひ?、、

ふ?、、

へ?、、

ほ?、、

僕は正直何を言っているのか分かりませんでした。自転車の練習でペダルを漕がずに練習するなんて、意味が分かりませんでした。

 

しかし、足を途中でついてもいいので、一応祖父は痛くないという条件を守っています。

 

僕はとりあえず、痛くないのでやってみました。

 

最初は少しでも自転車がぐらつくとすぐに足を着きました。

 

しかし、何回もこれを繰り返していると、足をつく間隔が長くなっていきました。

 

最初は1秒も間がなかったのに、次第に1秒、2秒、3秒と間隔が伸びていきます。

 

そして、5秒くらい間隔が伸びたくらいで、僕は思いました。あれ?ペダルに足を乗せられるんじゃね?と、、、

 

おそるおそるペダルに足を乗せてみると、おお!できるやん!

 

そして、そのままペダルを回しました!

乗れたーー!!!!!

 

 

 

ここまで子ども頃の体感ですが、1時間もかかっていなかったと思います。

 

それからというもの、普通に自転車に乗れるようになり、水玉少年は無事に試練を乗り切ることができました。

 

この方法の解説

今回の祖父が言ったことのポイントを、23歳になった僕が当時を思い出しながら、考えてみました。

1ハンドルのもう一つの役割

f:id:mizutama2018:20190311213743p:plain

この方法のポイントとして、小さい子どもに体感的にハンドルの役割を伝えることができます。

 

車や三輪車などとは違い、自転車のハンドルには方向転換意外に、バランスをとる役割があります。

 

しかし、子どもは親が運転する車や、自分が乗っていた三輪車や、補助輪付きの自転車など、方向転換としてのハンドルしか知りません。

 

しかし、自転車では、これの他にバランスをとるためにハンドルを使うということが必要ですこれを小さい子どもに理解させることは不可能ですが、この方法では、体感的に子どもに伝えることができます。

2バランス感覚

この方法は、とにかくバランスをとることを最優先させた方法だと思います。

 

バランスもとれないのに、ペダルをこげば転ぶのは火を見るよりも明らかですよね。

 

まずは漕がなくても勝手に進む坂を使えば、子どもは漕がなくても進む自転車でバランス感覚を最初に習得することができますよね。

 

3安心感

とにかくこの方法では、子どもに与える安心感の他にも、親の安心感もあります。

 

転んで痛い思いをする我が子を見るのは、親としても心が痛みますし、転んで頭を打って大きなケガをするかもしれません。

 

そういう意味では、この方法はいくらでも足をついて良いですし、怖かったらブレーキをかけても良いです。

 

転んでケガをするリスクを最小限にしているこの方法はとても安全と言えるのではないでしょうか。

 

 

方法のまとめ

最後に方法のまとめです。

 

1緩やかな傾斜のある場所に子どもと出かけましょう

 

2子どもに「いくら足をついてもいいから降りてきて、怖かったらブレーキしてもいいよ」と言ってください。

 

あとは見守りましょう。

 

この方法で安全に自転車の練習をしてくださいね!!