水玉の徒然なるままに

水玉の好きなことについてあれこれ書くものです。

MENU

小学生読書感想文の本の選び方

<

f:id:mizutama2018:20190309221737p:plain

読書感想文

皆さんのこの作文への印象はどんな感じでしょうか?

 

たぶん、良い印象をもっている方は少ないのではないでしょうか?

 

読書感想文と言えば、夏休みの定番の宿題の一つですね、、、

お子さんがおられる方の中には、子ども達が読書感想文に悪戦苦闘しているという方もおられと思います。

 

または、そもそもうちの子は読む本から決まらないという方もおられるのではないでしょうか?

 

そんな時、皆さんは色々と本を勧めると思います。しかし、その方法ですと次の年もその次の年も同じ事が繰り返され、子どもの読書の力は伸びていきません。

今回は子どもの読書の力を伸ばす読書感想文の本の選び方を記事にしてみました。

 

 

 

自分で決める

今回これが一番大事なことです。

読書感想文の本選びでよくあるのが、なかなか本を決められない子どもに親が「これは?あれはどう?」など色々と本を勧めること。

僕の考えですが、これが一番やってはいけないことです。

その理由として、本を決めるということは、本に親しむ第一歩だからです。

親がおすすめする本を読むという時点で、その子は本を自分で決めていないので、どこか本を読まされているという気持ちが湧いてしまい、読書感想文を書き終わった後でも、本に親しむことはないでしょう。

 

また、その本が子どもにとって面白くなかった時、子どもは親のせいにできます。無理矢理決めさせられた挙句、読んだ本は面白くなかった。こんな経験をした子どもがその先本を読むことはないでしょう。

自分で読む本を決めることで、「自分の意思で本を読んでいる」と子どもは思えるかもしれません。この経験がとても大切なことです。

そもそも本とは人に言われて読むものではなく、自分が読みたくて読むものですよね。皆さんは、自分が読むものを人に決めてもらいますか?

違うはずです。

子どもも同じです。

 

f:id:mizutama2018:20190309221759p:plain

 

薄くてもいい

子どもが本を決めた時、その本が薄かったり、絵本のように絵がたくさん書いてあるような本を選んだら間違っても「そんな薄くて、絵がたくさん書いてあるような本はだめ」などと言ってはいけません。

なぜなら、その本はその子どもにとって面白そうだも思えた本だからです。

勉強が得意な子、そうでない子、スポーツが得意な子、そうでない子、人にはたくさんの個性があるように、子どもにもたくさんの個性があります。

読書が得意な子がいれば、そうでない子もいます。子どもが選んだその薄くて絵がたくさん書いてある本は、その子にとって今面白そうと思える本なのです。

僕は読む本は年齢によっても変わると思いますが、読む量によっても変わると思っています。なので、書経験の浅い子どもはまずは絵本のような本から親しむべきだと思います。

 

 

読み聞かせ

f:id:mizutama2018:20190309221942p:plain

さてここからは、ちょっとした番外編です。子どもが本に親しむため、本を読む子どもに育つにはどうしたらいいか。それは子どもに読み聞かせをすることがとても大切なことだと思います。

たくさんの本を読み聞かせることによって、本は面白いものだと子どもが思わないと、子どもが本を読むことはありません。

僕も小さい頃にはよく母親から本を読んでもらいました。この経験があるから僕は今も本を読んでいるのではないかと思います。

 

自分も本を読む

ここからは番外編2です。

子どもに本を読みなさいと言ってる方、そんなあなたは本を読んでいますか?読んでいないなら、あなたも本を読んでみましょう。子どもは大人の姿を見て育ちます。日常的に親が本を読む姿を見ている子どもは、無意識に「本って面白いものだ」という刷り込みがされています。

親が本を読まないのに、子どもにばかり「本を読みなさい」と言っても、説得力がなさすぎますよね、、、

日々の忙しい時間の合間に少しでも子どもに本を読む姿を見せてあげてください。そして、親子で本の世界を楽しんでみてくださいね!!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

読書感想文は多くの小学校の夏休みの宿題に登場します。これを機会に子どもが本の楽しさのほんの一部でも感じられる夏休みになればいいなと思います。