水玉の徒然なるままに

水玉の好きなことについてあれこれ書くものです。

MENU

ギターを続ける秘訣~迷ってないでギターを買おう!!~

<

皆さんは何か楽器をしていますか?

僕は一昨年からギターを買ってちょこちょこ弾いています。

まだ、初心者の域を出ませんが、マイペースに色々な曲を練習しています。

 

本当はもっと前々から買おう買おうと思っていたのですが、一つの事が心配でなかなか購入に踏み出せませんでした。

その心配ごとは、、、

 

飽きずに続ける事ができるかどうか

 

です。

 

僕はもともと、好奇心は高いほうなのですが、すぐに飽きてしまう事があるのです。

せっかくギターを始めてもタンスのこやしになるかもしれない。また、楽器というのはそんなに安いものでもないので、せっかく始めても、飽きてしまったらもったいないなと思っていました。

 

今回は、そんな僕と同じような悩みで、ギターの購入、または楽器の購入に踏み切れない人に向けて記事を書いてみました。

 

 

 

 

見えるところに置く

まず、買ったギターはいちいちしまうのではなく、いつでも弾けるところに置いておくと良いと思います。僕のギターは写真のようにスタンドに立てかけてあります。

f:id:mizutama2018:20190227211022j:image

当たり前の話ですが、届いたその日からギターが上手く弾けることはありえません。最初はわからないことばかりですし、弦を押さえる指はすぐに痛くなります。

そんな状況でいちいちギターをしまっていては、いつしかギターを弾かなくなり、ギターがタンスのこやしになります。

ギターはいつも自分の部屋の見えるところに置き、気軽に手に取れるようにしておきましょう。

ギターへのアクセスを早くすることが、飽きないための一つ目の秘訣です。

 

 

ちょっと良いのを買う

f:id:mizutama2018:20190227213549j:plain

良いのを買う必要はないですが、最低限の性能は必要なので、ちょっと良いのを買ってください。

僕のギターは初心者セットの3万円のギターです。よく初心者セットで1万円のギターがありますが、あれは、最低限の性能が怪しいのでオススメできません。

初心者セットについては、また別の記事で取り上げようと思うので、記事を書いたら是非読んでくださいね!

 

話をもとに戻しましょう。

性能が怪しいという理由もありますが、1万円では飽きた時の精神的ダメージがあまりないので、オススメできません。

僕の考えでは、社会人であれば一ヶ月の収入で、失ったら萎えるくらいの金額が良いと思います。

例えば、僕の場合1ヶ月の収入的に、3万円失うと相当萎えるので、そのくらいで買えるギターを選びました。

飽きそうになったときに、このギターを見ると、「3万円もしたのにな、、、」と頭の中によぎり、「せっかく買ったし、もう少しやってみるか!」という気持ちになります。

この気持ちが重要で、これを原動力に練習すれば、だんだんと上手になり、弾くのが楽しくなります。

 

練習する→上手くなる→楽しくなる

→飽きる→値段を思い出す→練習する

 

このサイクルができると、飽きずにギターを続けることができると思います。

ちなみに僕の買った3万円のギターは今のところ特に不満もなく毎回楽しく引くことができています。

最初に買ったギターでは大満足のものでした。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はギターを続ける秘訣を紹介しました。

結論として、

 

ちょっと良いギターをいつも見えるところに置いておく。

 

これが、僕の思うギターを続ける秘訣です。

購入を悩んでいる方もまずは、ギターを弾きたいという気持ちを大切にして、始めてみてはいかがでしょうか!

僕も買って思いましたが、いつも聞いている音楽が自分のギターから出てくると、とても感動しますよ!これを機会にぜひ購入を検討してみてくださいね!!

最後に僕の買った初心者セットを載せておくので、参考にしてみてください。

それでは!

 


YAMAHA PACIFICA012 DBM 初心者14点セット 【ヤマハアンプ付き】 エレキギター 【パシフィカ】 ヤマハ