水玉の徒然なるままに

水玉の好きなことについてあれこれ書くものです。

MENU

2019フェス曲予報 あいみょん

<

こんにちは!!

どうも水玉です!

2019フェス曲予報!

今回はついにあいみょんです!!

去年彗星のごとく現れ、一気にスターダムにのし上がったあいみょん

今年は、多くのフェスやイベントに呼ばれるのではないでしょうか。

また、「あいみょんの演奏を聞きたい!!」という方が今年はフェスで多く見られると思います。

そんなあいみょんですが、急に現れたため昔から知ってたことをひけらかす人がいますので、注意してください笑

そんな人は無視です無視(笑)好きに言わせとけばいいので、好きな音楽を思い切り楽しみましょう!!

それではいってみましょう!!

 

1 マリーゴールド

マリーゴールド

マリーゴールド

  • provided courtesy of iTunes

去年の紅白でも歌い、今や彼女の代表曲となっていますね。

彼女はこの曲について

マリーゴールドが世に聴かれへんのやったら、私は音楽はできないそれくらい自身がありました。」(ロッキング・オン・ジャパン2019・2月号)

と語っています。

彼女にとってそれくらいの自信があったのでしょう。

実際に聴いてもめちゃめちゃいい曲ですね(語彙力)笑

もちろんこの曲の演奏率は100%です!!

2貴方解剖純恋歌~死ね~

貴方解剖純愛歌〜死ね〜

貴方解剖純愛歌〜死ね〜

  • provided courtesy of iTunes

 インディーズのデビュー曲です。

この曲で彼女の存在がじわじわと世間に浸透していきましたが、この曲を最初に聞いた

人の中には、彼女に対して猟奇的な印象を持った人もいたのではないでしょうか。

しかし、この曲には世間に認知されるには、十分すぎるインパクトを持った曲でした。

彼女快進撃はここから始まったのです。

ライブ、フェスでの演奏率は100%(水玉の独自調べ)ですので、来年も必ずセットリストに入ってくるでしょう。

3君はロックを聴かない

君はロックを聴かない

君はロックを聴かない

  • provided courtesy of iTunes

 この曲、ロックを聞く僕はとても共感しました。

君はロックなんか聴かないと
思いながら
少しでも僕に近づいてほしくて
ロックなんか聴かないと
思うけれども
僕はこんな歌であんな歌で
恋を乗り越えてきた

それが上の歌詞なんですが、僕は自分が落ち込んだときとか、恋愛しているときとかど

んな曲を聞いて日々を生活しているのか、好きな人に伝えられたらいいのになと思うこ

とがありました。

だけど、好きな人は自分が聞いている曲は聞かないから、もどかしい思いを抱いてい

る。そうでなくても、自分が好きなもの、好きなことは知ってほしい

みなさんはそんなこと思いませんか?

4生きていたんだよな

生きていたんだよな

生きていたんだよな

  • provided courtesy of iTunes

 僕の一番好きな曲です笑

「今ある命を精一杯生きなさい」なんて
綺麗事だな。
精一杯勇気を振り絞って彼女は空を飛んだ
鳥になって 雲をつかんで
風になって 遥遠くへ
希望を抱いて飛んだ

 この歌詞を聞いた時、鳥肌がたちました。

何回聞いても鳥肌が立ちます。精一杯今の時間を生きる人と、精一杯の勇気をもって命を断つ人、紙一重なんだなと思いました。

生き方について考えさせられた曲でした。

この曲も演奏率高めですので、聞いておきましょう!

5ジェニファー

ジェニファー

ジェニファー

  • provided courtesy of iTunes

失恋の歌だと僕は思いました。

未練ありまくりな男の子の言葉が何度も歌詞の中に出てきます。

自分が思ってたこと、伝えたかったことを上手いこと表現できない男の子の言葉が「若いっていいなー」と思わせてくれます。

僕もまだ十分若いのですが・・・笑 

6愛を伝えたいだとか

愛を伝えたいだとか

愛を伝えたいだとか

  • provided courtesy of iTunes

 結局のところ君はさ
どうしたいの?
まじで僕に愛される気あんの?

ここの部分良すぎませんか?

男の僕は、こんなこと言えたら楽なのになーと思うことがあります。

それが言えないから苦しいのですけどね笑

 

いかがでしたでしょうか、聞いていみたら分かるかと思いますが、あいみょんの歌詞の表現の幅が実に広いことに僕は始め驚きました。

「貴方解剖純恋歌~死ね~」では、歌詞のインパクトとメンヘラ感がバンバン出てたの

で、僕は「1発で終わるのかなー」なんてことを考えていました。

しかし、聞けばきく程にその表現の幅の広さにどんどんのめりこんでいった自分がいま

した。今後もたくさんの名曲を生み出してくれるとおもますので、注目していきたいア

ーティストの一人です。

 まだ聞いていない方は是非聞いてみてくださいね!!

 それでは!!